Handmade Diary

婚約指輪の情報サイト

婚約指輪

婚約指輪の輝きを持続させるには

婚約指輪は、一生に一度のとても素晴らしい時間を与えてくれます。
その一生に一度の一瞬の彼女の喜ぶ顔が見たくて、男性はとても大変な思いをして 指輪をプレゼントしてくれます。
女性側は、その思いに答えら得るような女で常に輝いていなくてはいけませんね。
結婚して、子供ができて、出産太りでどんどん太って行ったり、30代、40代になり、 外見を気にしなくなってしまうと、本当におばさんになってしまいます。
同じ40代の方でもきれいな人はたくさんいますので、婚約指輪をもらったときの 気持ちを忘れずに、ご主人となる方を大切にしていかないといけませんね。
それは婚約指輪も同じことで、婚約指輪には、よくダイヤモンドが使われていますが、 ダイヤモンドは親油性がありますので、ハンドクリームやローションや、手の脂が つかないようにしなくてはいけません。
油分がダイヤモンドに付くと輝きが損なわれます。
身に付けたあとは、柔らかい布で、必ず拭くようにしましょう。
頻繁に指輪をつける方でしたら、1年に1回はショップでクリーニングをして もらうと、ダイヤモンドの輝きはキープできるのではないでしょうか。
そして、ダイヤモンドのお手入れも大切ですが、土台となる指輪の部分も、 プラチナかゴールドかで強度も違いますし、お手入れの期間なども違いますので、 注意しましょう。
婚約指輪のリングはプラチナと決まっているような感じがしますが、 最近では石をダイヤモンドではなく誕生石にしたりなど、昔とは変わってきて いますので、誕生石の色に合うようにリングをゴールドにされる方もいらっしゃいます。
ダイヤモンドが輝いていても、リングがくすんでいては意味がありませんからね。
少し余談ですが、強度はプラチナよりゴールドの方が強いそうです。
プラチナの指輪をしている方が、ショップの店員さんにお話した内容にこんなことが ありました。
通勤で、毎日つり革につかまっていたら、指輪が楕円形に変形してしまったと言うのです。
私もプラチナのリングをつけていて、同じようなことがありました。
ただ、同じプラチナでもPT900(プラチナ90%)なのか、PT950(プラチナ 95%)なのかで強度も変わってきますので、店員さんに聞いてみてください。
しかし、プラチナのリングは金属アレルギーになりにくいので、長年つける方は プラチナを選ぶ方が多いと思います。
かと言ってゴールドが金属アレルギーになりやすいのかというと、そうではなく、 ゴールドに含まれるゴールド以外の金属がアレルギーを起こすきっかけとなりますので、 純金であれば、問題ないと思います。
少し話しが反れましたが、婚約指輪は、人生の新たなスタートを切ったという証でも ありますので、女性、男性共に輝きを持続させたいものですね。

夫婦円満の為にもパワーストーンを持つのも良いですね。夫婦におすすめなパワーストーンについてはこちらhttp://xn--zck4aza4jwa5cc7473eo9vai7b426h.com/treasure.html

また、結婚式当日に眼鏡・コンタクトなんて何だか嫌ですよね。
どうせなら綺麗な花嫁さんを裸眼で見たいものです。
視力に自信がない方は視力回復手術レーシックhttp://xn--pckp0b6k2c7056bnwyc.biz/3.html
を是非ご検討ください。

結婚したいけどお金がないという方はFXhttp://xn--fx-gh4am7z5bb8557ddz8bps5d85o.com/shikumi.htmlに投資してみませんか。
少ない元手から始められて、自分のペースでお金を稼ぐことができるのでおすすめです。

© 2012 Engagement ring. All rights reserved.